わきの脱毛

わきの脱毛について

顔形とヘアスタイル

人間の顔には色々な種類があります。丸顔、面長、逆三角形、卵型…などなど。他にも色々ありますが、それだけ人間の顔の形は一定ではないということです。ですが実際の顔の形と違って、理想とする顔の形はだいたい同じです。時代の変遷とともにその理想形は変わりますが、現在では何といっても小顔でしょう。

どうやら「小顔」というのは正式な日本語ではないようで、この記事を入力している時に変換しても出てきませんでした。ですが小顔というのは正式な日本語かと思わせるほど認知されており、憧れる女性は数多くいます。

そこで、小顔に見せるヘアスタイルというのはかなり研究が進んでおり、今ではたくさんの方法があります。ヘアスタイルで小顔が手に入るのなら安いもの、ということで小顔ヘアスタイルは人気があります。

食事を抜くと失敗する

摂取するカロリーを減らすと痩せるのは当たり前のことです。そのために食事を抜いたりする人がいますが、これはあまり効果がないことは多くの人がすでに知っています。これはなぜでしょうか。


体は生命を維持するために食べることを大変重視します。食べ物が欲しくなるように空腹感を感じるようになっているわけですし、水分が足りなくなれば喉が渇くようになっています。そのため、空腹を感じている時というのは体がエネルギーを求めているということです。その状態が続くと、口に入った数少ない食べ物から少しでも多くの栄養素を吸収しようとします。


さらに、人間の体は良く出来ていて空腹になることが多くなると食べ物があまり食べれない環境にあると認識し、数少ない食べ物のエネルギーを体に貯金しようとします。エネルギーの貯金=体脂肪なので、食事を抜くというのは実はダイエットにならないばかりか、逆効果なのです。食事を抜いた後でずっと食事をしないのなら当然やせますが、そのままだと死んでしまいますね。


マイクロダイエットは「食べない」のではなく「食べても太らない」ということがコンセプトになっているので、空腹感を感じることはありません。そのため、体も満足しています。食事の量は足りていてもカロリーは低いの、言わば、体はだまされた状態になっています。


また、人間の体には習慣性があるので、マイクロダイエットを試している状態が続いていると食べ物からエネルギーがあまり摂れない状態に慣れてきます。食べ物から取れないとなると、体にある貯金を取り崩すことになります。これがダイエット効果となります。

メタボにどうしてなるの?

それではメタボはどうしたらなってしまうのでしょうか。メタボの原因について考えてみましょう。


メタボとは具体的な数値の条件を満たすことによって診断されます。そうした数値を上げてしまう原因になるのが、内臓脂肪です。内臓脂肪というのは皮下脂肪と違って、体内の内臓につく脂肪のことです。皮下脂肪と違って、内臓につく脂肪は内臓の機能を低下させることがあるため、内臓の数値に異常を起こさせるのです。世界の珍味として名高いフォアグラ。これはガチョウの口に餌の管をつけて無理矢理餌を大量に食べさせます。そうすることによって内臓に脂肪が蓄積し、脂肪肝になります。要するにメタボに近い状態です。その肥大した肝臓を食べるのがフォアグラです。メタボというのはこのフォアグラに似た状態になっているということを考えると、どれくらい異常な状態なのか分かります。


内臓脂肪がたまる原因は、主に運動不足と食生活の偏りです。実際によくあるケースを例に考えてみましょう。40歳のサラリーマン男性の場合、仕事は働き盛りなので忙しいと思います。年齢的に体力は落ちてくる時期で時間もないことから運動量が減ってしまいます。ですが会社の付き合いやストレスなどで飲んだり食べたりする機会が多くなります。しかもそれについても時間が不規則…こんな生活を続けていると内臓脂肪がたまります。まだ症状もなく静かにメタボが進行している状態ならちょっとお腹が出てきたなぁという程度で大して気にもなりませんが、この生活を続けているといずれはメタボ、そして生活習慣病となります。


特に注意したいのは、見るからに太ってきているという人だけでなくメタボはやせているように見えても内臓にはしっかり脂肪がついている、というケースが少なくないことです。“痩せの大食い”なんて言葉もありますが、そんな人はもしかしたらメタボ予備軍かも知れません。


これをお読みになってお分かりいただけたと思いますが、メタボは何か病原菌が感染してなるという病気はありません。あくまでも生活習慣の結果、つまり自分の責任というわけです。逆に考えるとメタボは自分の心がけ次第で予防も改善も出来るので、今後メタボの可能性がある人はもちろん、すでにメタボになってしまっている人でも決して遅くはありません。生活を改善すればいくらでも良くなるのですから。生活の改善、その中でも特に食生活を改善するだけで大きく変わってくるはずです。

  次のページ »
最近の記事
朝食を抜くのは糖尿病には危険 
生理痛薬ピルの副作用
ホワイトニングの安全面と料金
肩こりマッサージ解消法
神経の無い歯のホワイトニング
歯を白くするホワイトニング
小児糖尿病
パーティでは空気を読んだヘアスタイルで
ニードル脱毛
五十肩という肩こり
カテゴリー
自分で脱毛 (9)
補正下着 (52)
ヘアスタイル (51)
生理 (53)
ホワイトニング (66)
脱毛の種類 (24)
骨盤ダイエット (32)
小顔ダイエット (15)
ダイエットレシピ (17)
糖尿病 (29)
肩こり (47)
二重まぶた (55)
口臭 (51)
小顔になる方法 (12)
肩こり  (3)
脱毛 (5)
脱毛トラブル (4)
マイクロダイエット (22)
小顔マッサージ (4)
脱毛体験談 (4)
メタボリック (24)
エステ (4)
エステの種類 (4)
スタイル (3)
エステとは (2)
エステ体験 (1)
小顔になりたいな (1)
アーカイブ
2015年 05月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
ダイエットで痩せる方法
綺麗になれるエステと脱毛の方法
にきびケア
円形脱毛症
頭皮のトラブル
Copyright © 2008 わきの脱毛. All rights reserved